j リーグ 2020 年 ユニフォーム

 1993年に産声をあげた当時のJリーグでは、10チーム中8チームが襟付きユニフォームを着用し、襟なしモデルはヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)とガンバ大阪だけだったことを考えると、この30年でユニフォームのトレンドがいかに変化したかがわかる。 また横浜FMは1992年当時を再現したユニフォームを送り出し、「ノスタルジックなデザイン」と伝えた。 ミレニアムの2000年を優勝を飾ったのは当時の日本代表でも同じみの中田浩二選手所属する鹿島アントラーズです。

2016年の優勝は柴崎岳選手所属する鹿島アントラーズです。 2014年はコロコロPKで同じみの中盤の司令塔・遠藤選手所属のガンバ大阪です。 2015年は飛び出しのスペシャリスト佐藤寿人選手の所属するサンフレッチェ広島が優勝しました。佐藤寿人選手がこのユニホームを着て得点を決めるシーンが幾度となくありましたね。画像は左から横谷繁選手(愛媛)、鈴木大輔選手。

17 なでしこジャパン(日本女子代表)東日本大震災復興支援チャリティーマッチ がんばろうニッポン!男子と比べると体格が小さい女子サッカー選手の試合は、より近くで見たいものです。 すでに「Jリーグ百年構想クラブ」の認定を受けている「アスルクラロ沼津」は、年間順位4位以内かつ「Jリーグ百年構想クラブ」のうち上位2位以内の条件を満たせば、Jリーグの3部にあたる「J3」への昇格資格が与えられます。

ガンバ大阪は攻撃的なスタイルを貫き、ボールポゼッション率も非常に高くゲームを優位に立たせながら勝利するというポゼッションサッカーでした。 2020年は、FW登録が11人もいる『超攻撃的陣容』で挑みます。全体的にとてもまとまりがあるユニホームて優勝チームのオーラが漂っていますね。前面に番号が付いているのも特徴的です。名古屋グランパスと言えば赤とオレンジの色合いを変えていく縦縞のデザインが象徴的です!紫の深みを出した色との縦縞ラインはサンフレッチェを象徴するユニホームです。