2015 年 j リーグ ユニフォーム

売上高は驚異の25兆8134億9600万円です。円熟のポストプレーにご注目ください。 ホームは国内用と同じ配色で前年度のテンプレートを採用、胴体のメランジ柄がより強く主張されたデザインとなっている。 ACL専用モデルは今シーズン導入しないかと思われたが、1月27日に行われた新体制発表会で発表された。 ただ視認性の問題から使用機会は限られてきそう。前年度のものがかなり個性的だっただけに手抜き工事感が否めない。

 セレッソ大阪の桜の花びらや清水エスパルスのお茶の葉、大宮アルディージャの盆栽・線路・八雲、ツエーゲン金沢の加賀友禅、FC琉球のシーサー、FC岐阜の鱗文様など地域性に富んだデザインが目立ちました。本来、本記事は今シーズンのJリーグユニフォームレビュー(執筆中、3月うp予定)のコラム欄に書く予定でしたが、文字数が予想以上に多くなってしまったため独立した記事としてうpすることにしました。

画 像)付 き 合 っ て 3 分 の 彼 女 に 金 貸 し て っ て 言 わ れ た ら い く ら 貸本記事では、そんなJリーグのユニフォームについて思ったことを3つほど上げていこうかと思います。 その一環として、Jリーグに関するトピックスや明治安田生命の取り組みの周知を目的とし、明治安田生命本社ビル1階(東京都千代田区丸の内2-1-1)にJ1・J2・J3の全52クラブのユニフォーム、各クラブのキャプテンの選手パネル、フェアプレイフラッグを展示する。

特に90年代、日本でのJリーグ開幕初期はその全盛期で、今では考えられないほど派手なデザインが多く使われてきた。後述の鹿島、浦和と同じアプローチ下で制作されたと思われるモデル。 アウェイも国内用と同様の配色でメランジ柄の主張は控えめ。 パンツは従来と同じ配色の紫を、ソックスは濃い紫を採用しアクセントを持たせている。国内ホームは2年ぶりに水色地を採用し、肩にはPUMAテンプレートではおなじみの黒のラインを据えた。

ソックス色には2シーズン白を採用してきたが、今シーズンは赤を採用。主要タイトル20冠達成につき、今シーズンより胸の星の数が2つになった。 リーグタイトルを示す星の数も2つに増えた。紹介しているドット絵ではギザギザを主張するためにやや大振りなデザインにしているが、実際はもっと細かく目視でギザギザを確認するのは難しい。

その他の興味深い詳細j リーグ 新 ユニフォームは、当社のウェブサイト上で見つけることができます。